さなか は さかな

「 さかなはさかな 」の内容紹介

この昔から愛されている絵本は、私が大好きなレオ·レオニさんが1970年に書いた 「さかなはさかな」絵本です。スイミーを読んだか、聞いたことがある方にはおススメの絵本です。

この絵本を英語と日本語で聴く

こちらのページは、ポッドキャストを聴きながら読んでいただけるようになっております。

ポッドキャストを登録する

絵本の詳細

作・絵:レオ・レオニ (Leo Lionni)

出版社:Penguin Random House (朗読の許可をいただいております)

さかなはさかな のあらすじ

オタマジャクシと小魚はいつも一緒でしたが、いつしかオタマジャクシには足が生えて、カエルになって世界を探検しに出ていってしまいます。

そして、カエルが戻ってきて世界で見てきた驚くものを成長した魚に話すと、魚も同じように世界を探検したくなります。しかし、陸に上がってみると、想像していたのとまったく違う結果になります。

さかなはさかな

Fish is Fish by Leo Lionni

さかなはさかな で紹介した単語

1. 池

pond

2. 驚く・並外れた

extraordinary

3. 世界

world

1.池、湖、沼と水溜りを英語で言えるかな?:

Q1. Where did tadpole and minnow live together?

第1問:オタマジャクシと小魚は一緒にどこに住んでいたでしょう?

Answer: They lived in a pond.

答え:池に住んでいました。

オタマジャクシと小魚は池 “pond” で仲良く住んでいましたよね。そんな今日は、に関係する単語をご紹介します。童話や絵本に出てくる事が多いので覚えてみましょう。

池は pond

湖は lake

沼は swamp

水たまりは puddle

絵本で英会話 リトルマウス

絵本に出てきたセンテンス

At the end of the woods there was a pond, and there a minnow and tadpole swam among the weeds. 

ある森の終わりに、池がありました。そこには、オタマジャクシと小魚が、水草の間を泳いでいました。

2. 驚くほど・並外れたを英語で?:

Q1. What three extraordinary things did the frog see on the land?

第2問:カエルが陸で見て驚いた三つのものは何だったでしょう?

Answer: Birds, cows and people

答え:鳥と、牛、そして人間です。

驚くほど、並外れたことを英語で extraordinary と言います。Extraとは余分・特別という意味があり、ordinaryは普通・平凡という意味です。この二つの言葉を合わせると、”extraordinary” 特別な普通、つまり「並外れた」という意味になるんですね。この単語は次のように日常で使えます。

“That’s an extraordinary story.”

「それは、すごく驚く話ですね。」

似た単語では、他にも remarkable ともよく言います。”Wow, that’s remarkable“と言えば、「それはすごいですね。」という意味になります。

絵本で英会話 きつね

絵本に出てきたセンテンス

“and I have seen extraordinary things.”

「驚くものを見てきたよ。」

3. "World" の色々な単語の使い方:

Q1. Why did the fish jump out of the pond?

第3問:魚はどうして池から飛び出たのでしょうか?

Answer: Because he wanted to see the world. 

答え:世界を見たかったからです。

世界の事を英語で world と言います。日本語でもテーマーパークやアニメなどでよく使われていますよね。

今日はこの “world” を使った日常で使う面白いフレーズをご紹介したいと思います。

“What in the world” 

「いったいぜんたい」

このフレーズは次のように使えます。

“What in the world is going on here?”

「一体全体、ここで何が起こっているんだ?」

他にもこのようなフレーズがあります。

“The world turned upside down.”

「世界がひっくり返った」

つまり、天地がひっくり返るように状況が悪くなるという意味で使います。

このフレーズは次のように使えます。

“When I was rejected by my girlfriend, my whole world was turned upside down.”

「彼女に振られて、僕の人生はめちゃくちゃな状況になったよ。」

My whole world は自分の世界の事なので「人生」のことを意味指しています。

知っている簡単な単語でも、このように色々な使い方があって面白いですよね。

絵本で英会話 ココ

絵本に出てきたセンテンス

This world was surely the most beautiful of all worlds. 

この世界こそが、最も美しい世界だったのかもしれません。

さかなはさかな を読んだ感想

レオ・レオニ

レオ・レオニさん (from Amazon Book Review)

この昔から愛されている絵本は、私が大好きなレオ・レオニさんが 1970 年に書いた絵本です。スイミーを読んだか、聞いたことがある方にはおススメの絵本です。

オタマジャクシとこざかな(小魚)はいつも一緒でしたが、いつしかオタマジャクシには足が生えて、カエルになって世界を探検しに出ていってしまいます。そして、カエルが戻ってきて世界で見てきた驚くものを成長したさかなに話すと、さかなも同じように世界を探検したくなります。しかし、陸に上がってみると、想像していたのとまったく違う結果になります。

この絵本には、カエルとさかなの生物の違いが描かれていると思いました。ストーリからカエルは陸で息が出来ても、さかなは水の外で息ができない事を子供に説明できます。生物の事に興味を持ったり、生き物の違いを学ぶのにとてもいい絵本だと思いました。

この絵本で面白いなと思ったのは、さかなの想像力です。さかながカエルから世界で見てきた不思議な話を聞いていると、さかなは頭の中で魚の姿をした鳥、牛や人間を想像しているのがこの絵本には描かれています。きっと、さかなが知っている世界にはそのように聞こえたのでしょうね。

個人的な意見ですが、この絵本には私たちが他の人たちから受ける影響、そして個人の経験からどのように色々な事を理解をしていくかを描いていると思いました。さかなは水の外で生きて世界を見る事が出来ない事を学びますが、同時に自分が住んでいた世界が最も美しい世界だったことにも気がつきます。さかなの望みは叶いませんでしたが、今まで見落としていたことに気がつけるキッカケにもなりました。

それは、私たち一人ひとりが持っている個性を大事にして、時には私たちの世界がどれほど恵まれているかを思い出すのも大事なのかもしれません。